販売されているサプリメントの購入時に注意すべき点

最寄りのドラッグストアなどでもサプリメントが販売されるようになりましたが、買う時に心がけたいポイントがあります。サプリメントは薬ではなく食品であるため、配合されている成分は、厚生労働省が定めた食薬区分に沿ったものである事が必要です。加工食品にカテゴリー分けされているサプリメントは、食品販売の許可がなくても売ることができますが、守るべき法律はあります。サプリメントを販売する時は、薬事法や、食品衛生法など、逸脱してはいけない法律があることを、まず理解しておくことが重要になっています。

サプリメントは食品なので、薬のように効果を記載すると、法律違反になります。法律上は食品としてサプリメントを売っている以上は、薬のように何らかの身体症状を改善する効果があると書くことはできず、仮にそれをすると薬事法に対する違反行為になります。サプリメントに特定疾患に対する効果があるような書き方ができないのは、通販や訪問販売でも一緒です。

サプリメントは数多くの商品が販売されているので、中には法律が守られていない場合もあるので注意が必要です。基本的に、サプリメントは公正取引法や、景品表示法に従って表示内容を決められていますので、オーバーな宣伝をしている商品は注意する必要があります。市場に流通しているサプリメントの種類が膨大なものになっていますので、サプリメント選びで行き詰まっているという方もいます。

ネット上には、人気商品のランキングサイトや比較サイトがあるので、情報収集することができます。サプリメントに配合されている成分や、原材料、それぞれの性質について調べた上で、納得のいくサプリメント探しをしてみましょう。

産後の抜け毛対策に効く育毛剤は?

コメントを残す