肌の乾燥には化粧品の保湿ケア方法の見直しを

保湿化粧品を駆使してスキンケアを行っているにもかかわらず、方法が誤っていて肌の乾燥が改善しない人がいます。化粧水をつけた時は一時的に肌がしっとりするけれど、時間がたつと乾燥してしまい、かゆみやかさつきが一向に良くならないという乾燥肌タイプの人は少なくありません。

人間の皮膚は、バリア機能がしっかり働いていないと乾燥しやすくなります。乾燥肌は、肌本来が持っているバリア機能が低下しているために、水分が蒸発しやすい状態になっています。保湿ケアだけではバリア機能は回復しないので、肌の乾燥が防げません。肌のバリア機能が損なわれないように、日々のスキンケアを行うことが重要です。

化粧品をつけるときに、肌に浸透させるために擦り付けたり、強い力でマッサージをしている人は要注意です。外気の乾燥や刺激が皮膚に直接影響しないように、角質層という薄い層が肌の表層には存在します。摩擦でこすれると皮膚は痛んでしまいますので、スキンケアを行う時も注意が必要です。

けばの立ったコットンでは皮膚をこすってしまう可能性があので、コットンには気前よく化粧水を染み込ませるといいでしょう。皮膚を刺激しないためにはコットンより手の平がお勧めです。コットンを用いる場合は強く叩かないようにします。

手の平を使う時は、化粧水を手の平に広げてから顔にあてて、全体に浸透させます。皮膚をこすらず押し当てて顔と手の摩擦を避けることは、乳液や、美容液をつける時も同じことです。強くこするようなスキンケアをしていると、肌のバリア機能は壊れてしまいますので注意が必要です。

【ルルルンプレシャスクリーム】効果的な使い方5つのポイントとは?

コメントを残す